ゲームで新しい音楽に出会う

「ビデオゲームは音楽業界の成功を支えているだけでなく、まったく新しい次元の繁栄に貢献している」エレクトロニックアーツの音楽部門でインターナショナルエグゼグティブおよび社長を務めるスティーブ・シューア氏の言葉です。彼のチームは大半がプロのシンガーソングライターやミュージシャンです。ゲームでライセンスを取得した音楽が重視されるようになったのは90年代からで、「グランド・セフト・オート」シリーズ、「トニー・ホーク プロスケーター」、「ワイプアウト」といったゲームはそのために作曲された音楽を使用し瞬く間に有名になりました。世界中で、ビデオゲームに使われる音楽に注目するようになりました。